最新記事

白髪染めは薬事法では、染毛剤という分け方になります。
種類は4つに分けられます。
それは、ヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染め、シャンプーになります。
このうち、ヘアカラーは、最も多い種類ですし、クリーム・泡・ジェル・液状のものがあります。
これだけ種類がありますから、使いやすいものを選ぶことができます。
どれも染めやすい、効果が続くことがメリットと言えます。
しかし、このヘアカラーは、一度脱色することで、染め上げるものです。
ですから、毛髪や頭皮へのダメージはとても大きいと言われています。
敏感肌の方には白髪染めは不向きと言われていますから、使用前には必ず確認をするようにしてください。
平均2ヶ月くらいは効果が持つといわれています。